電気エネルギー変換研究室

2016/4/1 電気エネルギー変換研究室のウェブページは移転しました
新URLはこちらです

HOME > 特設 > HEV用新構造レアアースフリーモータの開発について

2010年9月29日

題名

レアアースを使わない新構造の50kWハイブリッド自動車用フェライト磁石モータを開発

概要

NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と北海道大学大学院情報科学研究科 小笠原悟司教授、竹本真紹准教授の研究グループは、従来のハイブリッド自動車用希土類磁石モータに匹敵する出力を有する、フェライト磁石のみからなる新構造のロータセグメント形アキシャルギャップモータの開発に成功しました。この技術は、「次世代自動車用高性能蓄電システム技術開発」の一環として開発したもので、資源の偏在などで安定調達が困難となっているレアアースを使わず、安価なフェライト磁石だけで構成されているため、近年激しさを増す次世代自動車開発において、日本の産業競争力を高めることが期待されます。

モータ 試験装置

関連資料及び報道

資料

報道(敬称略、順不同)