電気エネルギー変換研究室

2016/4/1 電気エネルギー変換研究室のウェブページは移転しました
新URLはこちらです

HOME > 研究室概要

研究室の概要

現代社会において電気エネルギーは,水や空気のように無くてはならないものとなっています。パワーエレクトロニクス技術は,電力用半導体デバイスのスイッチング動作を基本に,この電気エネルギーの形態,すなわち電圧・電流・周波数を必要な形に変換するだけでなく,高速・高精度に制御する技術です。パワーエレクトロニクス技術は省エネルギーのキーテクノロジーであるばかりか,今や総合パワーマネージメント技術に発展しようとしています。電気エネルギー変換研究室では,電気エネルギーの発生・伝達・利用の各段階に広く応用されている電力変換・制御技術について研究しています。また,電力変換器のEMI/EMCについても研究しています。

DSPコア組込FPGAを用いたドライブシステム マイクロ水力発電
▲ 研究室で開発したDSPコア搭載FPGAを
   用いたインバータドライブシステム
▲ 製作したマイクロ水力発電の模擬実験設備
キーワード
パワーエレクトロニクス,電磁エネルギー変換,電動機設計・制御,EMI/EMC
教員
教授/小笠原 悟司     准教授/竹本 真紹

研究室の特徴

実験を重視した研究スタイルに特徴があります。コンピュータシミュレーションだけではなく,実際に実験装置を試作し実証試験を行います。実際に動かしてみないとわからないこともたくさんあります。また,企業との共同研究を推進し,実学を重んじています。

実験室
▲地下実験室の様子

研究内容

当研究室は,パワーエレクトロニクス分野全般を扱う「パワーエレクトロニクス班(担当:小笠原教授)」と,特に電動機を扱う「モータ班(担当:竹本准教授)」に研究内容を二分しています。それぞれの詳細な研究内容は,下の各研究紹介ページにてご覧ください。

パワーエレクトロニクス班 研究紹介 モータ班 研究紹介
研究内容
▲パワーエレクトロニクス分野における研究内容